top of page

About

香川明海

1961年10月17日広島生まれ。生まれてすぐ香川県高松、小学は茨城県下館、中学高校は千葉県柏、浪人時代に道を歩いていたら突発的に目覚め高野山を目指す(父親からは勘当)。初めての高野山、奥の院でお大師様のご縁を得て、わらじ寺を紹介され修行開始(住職の配慮で高野山大学に入学)。お寺の小僧として下座行、得度、授戒、四度加行を実践。大学4回生の時、弘法大師御入定1150年の御遠忌を経験する。大学卒業後、密教芸術の復興を目指す画家と出会う。運動趣意書を作成し京都、奈良、和歌山の寺院を勧進して歩くが破綻、無一文、裸となる。どん底の中、四国遍路を始める。足摺岬の手前で親父より救いの手があり、最低25年働くことを条件に会社を紹介され入社。バブル期であり2部上場、1部上場、海外進出とイケイケの会社で財務、経理、原価をこなす。国内勤務を始め、米国赴任6年、最終はタイ王国子会社経理役員を3年務めて退職を決意(勤続30年)。念願の伝法灌頂を2014年11月に授かり阿闍梨となる。2015年3月末退社。同年4月高野山大学大学院修士通信課程に入学。師僧寺院で高野山開創1200年御遠忌お礼奉公後、2017年9月密教学修士学位を取得し現在に至る(妻、子供男2人で千葉県在住)。

P9290004.JPG

​今、やりたい事と仕事が一致しています阿闍梨として生きるために学んだ内容を公開しますね

 修士学位を得るには、2年以上在学し、基礎科目4単位、主要科目12単位、関連科目14単位の合計30単位を履修し、研究発表を行い修士論文を提出し口述試問を受け合格すること。特色としては、修士課程のみに通学制と通信制があるので通信制を利用すれば、社会人も働きながら修士学位を得ることができる。

​ 私の目的は、【修士学位をGetする。=大学院のカリキュラムを利用し、阿闍梨(人間)として今後どのように生きるかの金字塔を模索し、見い出す。】です。学位取得により、私なりに結論は出ました。履修内容を公開します。皆様のお役に立てば幸いです。実技に関しては、1年間にわたり書道、華道、梵字悉曇、仏画、声明、已灌頂者のみ受講できる法式上級、一流伝授、引導作法、中院流三十三尊法、阿字観を受け伝授を授かりました。更に、日々の写経、行法、奥の院〜摩尼山回峰行百八座、四国遍路、の実践により事教二相(文武両道)の姿で歩みました。この歩みで築いた礎が、皆様のお役に少しでもたてるよう活動していきます。

高野山大学大学院文学研究科(修士課程)密教学専攻 
単位履修内容

基礎科目

主要科目

​関連科目

修士論文

bottom of page